e-サンデー オンライン求人情報サイト

サービス系ってどんな仕事?

クリエイティブといってぱっと思い浮かぶのはデザインやイラスト、その他製作のお仕事です。

クリエイティブ系の職業は資格などを必要としませんが、代わりにセンスやアイデアが必要になります。
ですが、センスやアイデアは経験していくうちに身に付いたり、意識して感性を磨くことで成長していくものですので、
最初から「センスがない」とあきらめることはありません。
ただ不可欠なのは「何かを”作る”」ということが好きであること。
クリエイティブ系の仕事は常に締め切りに追われ、間に合うように徹夜をするということも少なくありません。
オフィスワークではありますが重労働とも言えますから、「作る喜び」を知らなければ、残念ながら続きません。

クリエイティブ系の仕事をしている先輩にインタビューしてきました (随時追加予定)

お仕事インタビュー

WEBデザイナー 勤続年数2年 Wさん

職業は何ですか?
WEBデザイナーです。

勤続年数は?
2年です。

どんなお仕事ですか?
顧客のホームページ製作や更新作業を行います。基本的にはメールでやり取りしますが、直接顧客に会ってミーティングすることも少なくありません。

勤務時間は1回(1日)どのくらいですか?
残業がない日はほとんどないです。締め切りが迫っていれば泊り込みすることもあります。

良かったことは何ですか?
たぶんWEBデザイナーという職についている人は「デザインが好き」という人も多いと思うんですが、僕もそのうちの一人です。やっぱり好きなことをしているので、残業が多くてもがんばれると思います。

大変なことは何ですか?
クリエイティブ系ですから自分のデザインにはこだわりも自信もありますが、クライアントの言うことは『絶対』なので、自分の意に沿わないことを要求されるとストレスが溜まりやすいです。一見華やかな仕事のように思われがちですが地味な作業も多いし自由な時間なんてありません。

どんな人が向いていますか?
協調性のある人。よほど簡易なホームページでない限り、完全に一人で作るというのは骨が折れる仕事だったり、不可能だったりします。大体はプログラマーやWEBディレクターの人たちとしっかり連携を取ってホームページを作り上げますから、人の話をよく聞きチームワークを大事に出来る人でないと向かないと思います。顧客の前でどんなホームページにするかを説明することも多いですから、プレゼンテーション能力も問われます。
それから徹夜なんかもあったりしますから、結構体力勝負です。

ありがとうございました。

初めて働く人のための、お仕事リサーチ。

いろんな仕事があるけど、実際働いている人に聞いてみたい。やってみるとどんな仕事で、一体どんな人が求められて、自分にはどれが合うのか。お仕事探しのヒントがいっぱい、初めて働く人を応援します!