e-サンデー オンライン求人情報サイト

美容系ってどんな仕事?

いつの時代になっても、「美しさ」は女性にとって永遠のテーマ。それゆえにこの業界は衰えることを知りません。

美容系のお仕事の代表的なものは「エステティシャン」や「美容師」、「ネイリスト」などがあげられます。
化粧品やスキンケア、ヘアケア、ネイルケアの商品は数え切れない程あり、新製品が常に開発されている市場でもありますから、何が流行り、何が求められ、何が本当に良いものか見極める目も必要とされます。
これらの職業についている人は、仕事に「やりがい」を感じている方が多いようです。

最近では、女性だけだなく、男性の「美」に対する関心度も高まっています。
美容系の仕事のニーズは高まる一方だと言えるでしょう。

美容系の仕事をしている先輩にインタビューしてきました (随時追加予定)

お仕事インタビュー

エステティシャン 勤続年数2年4ヵ月 Sさん

職業は何ですか?
エステティシャンです。

勤続年数は?
2年4ヶ月です。

どんなお仕事ですか?
具体的にはマッサージを行ったり、脱毛したり、化粧品を販売したり・・・という仕事内容ですが、実は美しい肌や体を保つには精神的な要素も大いに関わってくるので心のケアも大切な仕事といえます。
カウンセリングによる心理的療法、栄養管理なども行うのでお客さまの生活に深く関わる仕事です。
巷では「エステティシャンは美の総合プロデューサー」と言われるくらい美に関すること全てに関わっていると思います。

勤務時間は1回(1日)どのくらいですか?
長いです。エステの開いている時間が10時〜22時までだったりしますから、一応シフトはありますが、通しで仕事に入ることもあります。

良かったことは何ですか?
「美」に対する知識がどんどん増えるので自分自身もきれいになれると思います。社員割引で化粧品を買えたりしますし、自分磨きができます。
でも何よりもうれしいのは、お客さまに感謝されることが多いことです。「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間ですし、次への励みとなります。

大変なことは何ですか?
コミッションがつくわけでもないのにノルマがあったりします。販売数などを競わされたりすると、この職業は100%女性ですし、人間関係に影響がでます。それから長い拘束時間と給料のバランスが取れていないと思います。要するに仕事の割りに給料が良くない、ということです。

どんな人が向いていますか
立ち仕事で勤務時間も長く、人間関係も難しい・・・体も精神面でも強くなければいけないと思います。
いつか独立したいと思う人にはチャンスのある職業です。やる気次第で本当に知識をどんどん吸収できますから。

美容師(店長) 勤続年数10年1ヵ月 Kさん

職業は何ですか?
自分で美容院を経営している美容師です。

勤続年数は?
美容師になってからは10年1ヶ月くらいです。その内店長は1年ちょっとくらいですね。

どんなお仕事ですか?
一言で言うなら「お客様をきれいに(かっこよく)する」仕事です。

勤務時間は1回(1日)どのくらいですか?
私は店長ですから開店から閉店までずっといます。朝10時〜夜8時までですね。閉店後も雑務をしていますから、帰るのはやっぱり11時くらいになります。
まだ独立する前はシフト制だったんですが、仕事は時間通りに終わるんですが、就業時間は長くなります。
どういう意味かというと、朝のシフトの場合は開店前に夜のシフトの場合は閉店後にカットの練習があったからです。大体どこの美容院もカットの練習はつきものだと思います。これは常に流行りの髪形などを研究し、技術を磨くという目的があるのでとてもいいことだと思うんですが、毎日だと拘束時間が長いのできついかもしれませんね。

良かったことは何ですか?
いろんなお客さまが来るので、コミュニケーションを取るのは楽しいです。切っている間は結構時間があるのでいろいろ楽しい話を聞けることもあります。技術がどんどん上がっていくのも実感できておもしろいです。

大変なことは何ですか?
休めないことですね。休日はありますが、週イチがほとんどじゃないでしょうか。
お客様にどれだけ人気あるか、シビアに判断されるのも結構プレッシャーになるかもしれません。技術や接客はもちろんなんですが、美容師は実はルックスも大事です。お客様の指名が多ければ多い程良いわけですから、ルックスで指名されることも少なくありません。顔の作りはしょうがないですが、おしゃれな雰囲気や上手なトークも磨いておいた方がやはり指名数があがります。

どんな人が向いていますか
おしゃべりな人というより、話し上手な人、そして聞き上手な人。お客さま全員が話し好きなわけではないですから、どんなお客さまかタイプを見極めることのできる人の方が良いですね。話がそんなに上手じゃなくても、聞くのが上手だとお客さまによく指名を頂けるということもあります。空気読めない人には向いていません。
流行に敏感なことも大切です。

お二人様、ありがとうございました。

初めて働く人のための、お仕事リサーチ。

いろんな仕事があるけど、実際働いている人に聞いてみたい。やってみるとどんな仕事で、一体どんな人が求められて、自分にはどれが合うのか。お仕事探しのヒントがいっぱい、初めて働く人を応援します!