e-サンデー オンライン求人情報サイト

● 応募・面接のお役立ち情報 ●

面接の前に知っておきたいこと

面接時の服装 (中途採用)

<一般企業の場合>

男性は紺、グレー系のダークスーツが好印象です。
カラーシャツやストライプなどでも良いですが、派手すぎず、必ず清潔感のあるワイシャツを選びます。
ネクタイも派手にならないようにします。
新卒採用の服装と同じく靴は黒または茶の革靴でベルトと色を合わせ、腕時計はカジュアルなものは避けます。
靴下は白は使わずパンツの色に合わせて暗めの色づかいのものを。
カバンはカジュアルなものを避け、ビジネス用のものを。
リクルートスーツでなくてもかまいませんが清潔感のある服装を心がけます。
靴が汚れていないかチェックしましょう。

女性はジャケット+スカート又はパンツ。上下がきちん揃ったスーツでなくても、ジャケットとコーディネイトすれば問題ありません。
ネイル、スカーフやアクセサリーで個性を出すのも良いですが、派手になりすぎたりジャラジャラとつけるのはNGです。 基本は控えめにしましょう。
靴は服に合わせます。(ミュールは不可)
小物は服装に合わせますがが、あまりカジュアルなものは避けましょう。

<工場・作業等の仕事の場合>

男女共に面接時の服装は比較的自由といえます。清潔感があればOKですが、大手の企業に応募する場合はカチッとした服装を選びます。中小企業なら自由な服装でOKのところも多いです。
念のため、と心配ならばジャケットを着用します。

<クリエイティブ系の会社の場合>

男女共にこういった業種はセンスを問われることが多いので、逆にリクルートスーツ等で行くとあまり良くありません。
かといって派手にすればいいというものでもなく、清潔感が重要です。個性を出すなら小物を使います。
靴の汚れ等には注意してください。

では次は 面接時の服装 (アルバイト) です。

応募・面接のお役立ち情報